KAGURAの実験

戻る

KAGRAは,岐⾩県の 神岡鉱⼭内にスーパーカミオカンデと同じ地下(約200[m])に建設された重⼒波望遠鏡である 。レーザー⼲渉計の基線⻑は 3,000[m]である。

かぐら実験施設の概要

重⼒波を観測の試みは、レーザー⼲渉計を⽤いられる。重⼒波による空間の伸び縮みを測定するレーザー⼲渉計では、ノイズを除く事が重要になる。新しい設備は、 7億光年の範囲で起こる中性⼦星衝突を感知できるよう構想され、そのために地⾯振動の影響が少ない神岡鉱⼭が選ばれた。さらに⾼さ14[m]の振り⼦構造を持たせて外部振動の影響を減らした反射鏡を、熱による分⼦レベルの運動を極⼒除くために約-253℃まで冷却する装置を 4つ連結させる。

重力波

アインシュタインの一般相対性理論によれば、質量をもった物体が存在すると、それだけで時空にゆがみができる。さらにその物体が(軸対称ではない)運動をすると、 この時空のゆがみが光速で伝わって行く、これが重力波である。重力波はすべてを貫通し、減衰しないと考えられている。
重力波の発生源
 「重⼒波」の発⽣源は「中性⼦星同⼠の連星とその合体」や「超新星爆発」である。

 重⼒波が到来すると、⼆つの物体の間の距離が変化して⾒える。そのため、それを検出することが装置の基本となります。その伸縮量は、物体間距離が離れていればいるほど⼤きくなる性質があります。
 しかし遠い銀河で発⽣した重⼒波が地球に届いたときの信号の⼤きさは地球・太陽間程度の距離を、たかだか⽔素原⼦1個分動かす程度にすぎないほど⼩さい。

重力波検出方法

重⼒波は、全てのものを貫通してしまうため、なにかにぶつけてその反応をみるという⽅法はとれません。しかし光は重⼒波によってゆがんだ空間に沿って⾛る性質があり、それと先の説明のあった直交⽅向で伸縮するという性質を利⽤して、基本的には「マイケルソン⼲渉計」を⽤いる。

           (図︓検出⽅法)

⻑さを測るには、同じ光を直交するニ⽅向に向けて発射し、遠くに置いた鏡で反射させ、また戻ってきた光の到達時間両⽅で⽐較する。伸びた距離を⾛った光のほうが短い距離を⾛った⽅の光より帰ってくるのに時間が⻑くかかるため、伸縮の有無が分かる。

KAGURAの目標

KAGRAの目標感度が達成されると、約200 Mpc(2×108パーセク・約6.5億光年)以内にある系外銀河で起きる、連星中性子星合体からの重力波が捉えられると期待されています。

重⼒波を捕らえる意義

科学者たちが期待している事項は、

LIGOの重力波の初観測実験

2017年ノーベル物理学賞の受賞対象となった実験である。
LIGOの実験施設は地上の設置してある。
2016年2月にLIGOはブラックホールの連星の合体によって生じた重力波を世界で初めて観測したと発表した。対象になったブラックホールは13億光年先にあり、太陽の質量の29倍と36倍のものが合体して65倍と成った重力波を捉えた。

ここまでの出典:「WIKIPEDIA」及び「KAGURA公式ページ」より

解説

「重力波」について

「一般相対性理論による時空のゆがみが光速で伝わって行くのが重力波」としているが”一般相対性理論”も”時空概念”も嘘、創作、デタラメであり、当然正しくない。
ただ、重力場は空間を波の様に伝わるのは事実である。伝わる速さは不明である。

「重力波の発生源」について

「超新星爆発」で大きな重力波が生成されるというのは疑わしいが「中性⼦星同⼠の連星とその合体」で大きな重力波が生成されるのはあり得るかもしれない。
「地球・太陽間程度の距離を、たかだか⽔素原⼦1個分動かす程度」について、当然そのような変化を検出は不可能である。

「重力波検出方法」について

「光は重⼒波によってゆがんだ空間に沿って⾛る性質があり」について、光子(電磁波)と重力場が相互作用するという事実は存在しない。
「重⼒波による物体間距離の変化は、直交する⼆つの⽅向のうち、⽚⽅が伸びた時はもう⽚⽅が縮むという変化を繰り返します。」は何の根拠もないデタラメである。
「マイケルソン⼲渉計で重力波が観測できる」について、完全に嘘、デタラメである。例えば、銀河中心の重力波を捉えられるだろうか?

「KAGURAの目標」について

例えば、1億光年先の太陽の100倍の質量とKAGURAの直上地上(200[m]の距離)で飛ぶ蠅(1[g])が出す重力波の大きさを比較すると蠅が出す重力波のKAGURA上の強さは1125億倍となる。
「6.5億光年先の重力波を捉えることが可能」というのは非常に壮大な嘘であることが理解できるだろう。
さらに例えば、KAGURA直上付近の1000[kg]の風(空気の運動)が発生させる重力波はさらに1125億の100万倍の重力波をKAGURAに対して発生させている。

重⼒波を捕らえる意義

一般相対論は完全なデタラメである。
重力波は観測できないし、重力波から初期の宇宙を考察するなども不可能である。
1000光年先の大質量より実験施設地上の虫が発する重力波の方が数百~数千億倍大きく天体の重力波を検出などは絶対にできない。

LIGOの重力波の初観測実験

13億光年先の太陽65倍質量と距離10[m]の蠅(1[g])がLIGOに発生させる重力波の大きさの比率を計算すると1150兆倍となる。蠅の羽の羽ばたきで発生した重力波も100兆倍以上になるだろう。そのほか地上の空気の流れが発生させる重力波はさらに1150兆の1000万~100億倍の規模になるだろう。
その他、地面の振動、木や草、生き物の運動に発生する重力波なども1京倍以上の重力波となるだろう。
このような精密な実験で銀河系の多段慣性運動、太陽系の銀河中心に対する運動、地球の公転と自転など全く考慮されていないのは致命的である。
資料”特殊相対論”での「電磁波の放射説」と同様に重力波は何を基準にどのような速さで、どのように伝わるかの正しい認識がなければ正常な実験は決してできない。
極めて幼稚な嘘、作り話、デタラメである。

結論

理論は全てデタラメである。
マイケルソン⼲渉計で重力波を検出などできない。
観測対象が遠すぎて蠅が発生させる重力波と比較しても10桁~20桁も微弱であり、それを観測することも、それのみを区別抽出することも不可能である。
観測対象が我々の銀河系外なのに、銀河系の多段慣性運動、太陽系の銀河中心に対する運動、地球の公転と自転など全く考慮されていないのは致命的である。
結論は全てデタラメである。

戻る