巻末練習

練習問題 - 1

橋本 幸士 氏

宇宙のすべてを支配する数式

S=∫ d4x√(detGμν(x))[ (1/16πGN) (R[Gμν(x)] Δ)(1/4)Σ[i=1~4]tr(Fμν(i)(x))+Σ[f]ψ(f)(x)iΦψ(f)(x)Σ[g,h](yghΦ(x)ψ(g)(x)+h.c.)+|DμΦ(x)|2V[Φ(x)] ]

この数式は「素粒子の標準模型の作用」に「アインシュタイン=ヒルベルトの作用」を加えたもので、現時点で宇宙のほとんど全ての現象を記述できる数式なのである。

解説:

正常な物理学者が見れば一瞬から数秒で出鱈目と判別が可能な式であるが、初学者が練習するには丁度良いだろう。

回答:

どのような状況の何を考えているか解説が全くない。

文字や記号が変数か未知関数か解説がな全くない、さらに文字や記号が何の物理量に対応しているか説明がない。

一目で正常な物理式でないと判断できる。

右辺は9項あるが、全て完全に次元(物理単位)は異なる。

右辺は9項あるが、全て完全に次元(物理単位)は正常ではない。

例えばGμν4X4=16の要素を持つ行列であるが、各要素の説明がなく実際には意味がない記号である

d4x:後の式をx,y,z,tについて積分をする意味だがそのような複雑な積分は不可能である。

GμνRΔtrFμνΦψDμなど全て内容が未定義で確定は当然不可能である。

多数の相対論や量子力学の概念や記号が含まれている。

この式は間違いなく世界唯一独自式であるが発見や発明としての証明は存在しない。

回答の解説

完全パーフェクトに出鱈目である。

小学校低学年の子供でも1時間位訓練すれば作成可能な数学的物理学的に意味のない文字や記号の羅列である。

練習問題 - 2

村山 斉氏

PDFファイル:タイトル:Future Experimental Program

高エネルギー からの避けられない影響

LSM=ー(1/g2)F2μν+ψiDψ+DμHDμH-yψψH(θ/64π2)FF~λ(HH)2+μ2 HHΛCC

解説:

正常な物理学者が見れば一瞬から数秒で出鱈目と判別が可能な式であるが、初学者が練習するには丁度良いだろう。

回答:

どのような状況の何を考えているか解説が全くない。

文字や記号が変数か未知関数か解説がな全くない、さらに文字や記号が何の物理量に対応しているか説明がない。

一目で正常な物理式でないと判断できる。

右辺は7項あるが、全て完全に次元(物理単位)は異なる。

特に1項目F2μν4X4の行列であり,他は一つの量で完全に正常ではない。

右辺は7項あるが、全て完全に次元(物理単位)は正常ではない。

例えばDμは四つの要素を持つ行列であるが、各要素の説明がなく実際には何の意味もない記号である

全ての記号が説明がなく確定不可能である。

GμνRΔtrFμνΦψDμなど全て内容が未定義で確定は当然不可能である。

多数の相対論や量子力学の概念や記号が含まれている。

この式は間違いなく世界唯一独自式であるが発見や発明としての証明は存在しない。

回答の解説

完全パーフェクトに出鱈目である。

小学校低学年の子供でも1時間位訓練すれば作成可能な数学的物理学的に意味のない文字や記号の羅列である。

練習問題 - 3

大栗 博司氏

PDFファイル:タイトル:

Symmetries in Quantum Field Theory and Quantum Gravity

(量子場の対称性と量子重力)

2.1 Splittability(分割性)

量子場の球対称性が続くとき、通常Gの随伴表現の保存流Jaμ方程式の存在一式と予想される対称集合Gは、リー集合として0以上の次元を持つことを意味する。ラグラジアン理論では、これは、この資料の定理[43,45]双方の結果ではないと思える。実際、一連の連続特定変数変換として連続対称性を定義する。

Φ’i(x)=Φi(x)+εafa,i(Φ(x)、∂Φ(x)、…)+O(ε2)       (2.12)

この式は経路積分測度の結果を残す。

DΦ’eiS[Φ’]=eiS[Φ]                (2.13)

もし、いま、この集合を従属した位置に対するεaと協調させることを許すならば、その周辺で次式を得る。

DΦ’eiS[Φ’]=DΦExp(iS[Φ] i∫ ddx√[-g]Jαμμεa+O(ε2)

Exp(iS[Φ] +i∫ ddx√[-g]∇μJαμμεa+O(ε2) )     (2.14)

((以後省略))

解説:

173ページにわたり数学的物理学的に意味のない文字と記号の羅列に対して出鱈目な物理学風の解説をした大作である。

正常な物理学者が見れば一瞬から数秒で出鱈目と判別が可能な式であるが、初学者が練習するには丁度良いだろう。

回答:

どのような状況の何を考えているか解説が全くない。

文字や記号が変数か未知関数か解説がな全くない、さらに文字や記号が何の物理量に対応しているか説明がない。

一目で正常な物理式でないと判断できる。

どの式も、全て完全に次元(物理単位)は異なる。

全て完全に次元(物理単位)は正常ではない。

例えばJαμ αXμの要素を持つ行列であるが、各要素の説明がなく実際には意味がない記号である

多くの式が明らかに数学的形式が出鱈目であり、当然、式の詳細内容を確定は不可能である。

例:

(2.12)Φ’i(x)=Φi(x)+εafa,i(Φ(x)、∂Φ(x)、…)+O(ε2) について

Φi(x):波動関数Φがある以上量子力学に関する式となるので、添え字に虚数単位iは使用すべきでない。

Φ(x):∂は偏微分記号でこのような使われ方は不正である。

εaε2:ベクトル的な使われ方と普通の変数的な使われ方を同時にされている。

(2.13) DΦ’eiS[Φ’]=eiS[Φ] について

未知変数か関数D、未知関数ΦΦ’S:当然式は何も決定できない出鱈目となる。

(2.14)DΦ’eiS[Φ’]=DΦExp(iS[Φ] i∫ ddx√[-g]Jαμμεa+O(ε2)

Exp(iS[Φ] +i∫ ddx√[-g]∇μJαμμεa+O(ε2) )について 

全体構成:未知変数と未知関数が多数で絶対に何も確定できない出鱈目である。

ddx:???

μ:∂は偏微分記号でこのような使われ方は不正である。

εaε2:ベクトル的な使われ方と普通の変数的な使われ方を同時にされている。

μ:∇の意味から、このような記述は不正である。

μJαμμεa:多くのことを無視しても、これだとベクトルになり他の非ベクトルと整合が取れない。

多数の相対論や量子力学の概念や記号が含まれている。

この式は間違いなく世界唯一独自式であるが発見や発明としての証明は存在しない。

回答の解説

完全パーフェクトに出鱈目である。

小学校高学年の子供でも1時間位訓練すれば作成可能な数学的物理学的に意味のない文字や記号の羅列である。